出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町時代の公卿。初名、実博。左大臣となったが、のち出家して元鏡と称し、東山に閑居。有職故実に明るく、東山左府とよばれた。著「名目鈔」など。生没年未詳。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉