とう‐か【灯下】例文一覧 1件

  1. ・・・  明治卅四年十一月六日灯下ニ書ス東京 子規 拝  倫敦ニテ   漱石 兄 此手紙は美濃紙へ行書でかいてある。筆力は垂死の病人とは思えぬ程慥である。余は此手紙を見る度に何だか故人に対して済まぬ事をしたような気がする。書き・・・<夏目漱石「『吾輩は猫である』中篇自序」青空文庫>