出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国から伝わった集団歌舞。足を踏み鳴らして歌い舞うもので、平安時代には宮中の初春の行事として盛行、正月14日に男踏歌、16日に女踏歌が行われた。その歌詞は、元来は唐詩、のちに催馬楽 (さいばら) も用いられ、歌の終わりに「万年 (よろずよ) あられ」と唱えたので「あらればしり」ともいう。