とう‐がい〔‐グワイ〕【等外】例文一覧 1件

  1. ・・・当時の文学革新は恰も等外官史の羽織袴を脱がして洋服に着更えさせたようなもので、外観だけは高等官吏に似寄って来たが、依然として月給は上らずに社会から矢張り小使同様に見られていたのである。 坪内氏が相当に尊敬せられていたのは文学士であったか・・・<内田魯庵「二十五年間の文人の社会的地位の進歩」青空文庫>