出典:デジタル大辞泉(小学館)

ナス科の一年草。枝を多く出し、葉は長卵形。夏、葉の付け根に白色の5弁花をつける。実は細長く、初め緑色で秋に熟すと深紅色になる。ふつう果皮や種子の辛味が強く、香辛料や薬用にする。南アメリカの原産。日本には16世紀に伝来。南蛮船がもたらしたという。変種が多い。南蛮がらし。 秋 花=夏》「青くてもあるべきものを―/芭蕉

出典:青空文庫

出典:gooニュース