出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「とうが」の音変化》ウリ科の蔓性 (つるせい) の一年草。茎に巻きひげがあり、葉は手のひら状に裂けている。夏、黄色い雌花と雄花とが咲き、実は球状から長楕円状で長さ30~50センチ、主に煮て食べる。ジャワの原産で、古くから栽培。かもうり。とうが。 秋》「―やたがひにかはる顔の形/芭蕉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語