とうきょう‐だいがく〔トウキヤウ‐〕【東京大学】例文一覧 3件

  1. ・・・(明治十四、五年の頃それよりして元東京大学へ伝わりしと聞けどいかがや。また同時に工部大学校、駒場農学校へも伝わりたりと覚ゆ。東京大学予備門は後の第一高等中学校にして今の第一高等学校なり。明治十八、九年来の記憶に拠れば予備門または高等中学は時・・・<正岡子規「ベースボール」青空文庫>
  2. ・・・それは東京大学の工学部の赤煉瓦の建物があったころで、もう四十年ぐらい前になるかと思うが、木下杢太郎君にさそわれて、佐野利器博士を研究室に訪ね、伊藤忠太博士が撮影して来られた雲岡石窟の写真を見せてもらったのである。当時佐野博士はまだ若々しい颯・・・<和辻哲郎「麦積山塑像の示唆するもの」青空文庫>
  3. ・・・田中、得能、紀平などの諸氏は、当時東京大学の哲学の講師の候補者であったらしい。西田先生はその八月の末に東京に移られたが、九月には井上、元良、上田などの諸氏としきりに接触していられる。そうして十月十日の日記には「午前井上先生を訪う。先生の日本・・・<和辻哲郎「初めて西田幾多郎の名を聞いたころ」青空文庫>