出典:デジタル大辞泉(小学館)

古浄瑠璃の一。寛文~貞享(1661~1688)ごろ、道具屋吉左衛門が大坂を中心に語ったもの。播磨節の影響が強く、その旋律は義太夫節にも取り入れられている。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉