どうげん‐こ【洞元湖】 の意味

  1. 群馬県北部、利根郡みなかみ町にある人造湖。昭和30年(1955)、日本初の地下発電所として完成した須田貝ダムの貯水池。面積1.3平方キロメートル、湖面標高743メートル。利根川本流と支流の楢俣 (ならまた) 川の合流点をせき止めて造られた。周辺はブナの原生林。