どう‐こう〔‐クワウ〕【銅鉱】例文一覧 1件

  1. ・・・太陽は磨きたての藍銅鉱のそらに液体のようにゆらめいてかかり融けのこりの霧はまぶしく蝋のように谷のあちこちに澱みます。(ああこんなけわしいひどいところを私は渡って来たのだな。けれども何というこの立派 諒安は眼を疑いました。そのいちめん・・・<宮沢賢治「マグノリアの木」青空文庫>