とう‐ごく【投獄】 の意味

  1. [名](スル)牢や監獄に入れること。「盗みのかどで投獄する」
  • 名詞
  • とう‐ごく【投獄】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 所が、男は一年たたぬうちに再び投獄された。

      織田作之助「実感」

    • ・・・ 同志たちは次々と投獄せられた。

      太宰治「苦悩の年鑑」

    • ・・・はたちになるやならずの頃に、既に私たちの殆んど全部が、れいの階級闘争に参加し、或る者は投獄され、或る者は学校を追われ、或る者は自殺した。

      太宰治「十五年間」