どう‐さ〔ダウ‐〕【礬水/陶砂】例文一覧 1件

  1. ・・・鵞鳥の太い羽根の先を削ってペンをこしらってね。礬水びきの美濃紙へ辞書をすっかり写したものさ、と云っていたが、それもこの時代の夫婦の一日の光景であったであろう。何かの儀式のとき、どうしても洋服にズボンがいるということになった。仕様がないから、・・・<宮本百合子「繻珍のズボン」青空文庫>