出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ア上一][文][ワ上一]《じっと動かないでいる、低い姿勢で静かにしているのをいうのが原義で、「立つ」に対する語》
  1. 人や動物が、ある場所に存在する。「ペンギンは北極にはない」「そこにいるのは誰ですか」

  1. 住む。滞在する。「ロンドンにいる兄からの便り」

  1. 移動するのをやめて、そこにとどまる。

    1. ㋐静止している。「動かないで、そこにいるんですよ」

    2. ㋑すわる。しゃがむ。

      「立ちてて見れどもあやし」〈・四〇〇三〉

    3. ㋒鳥が、とまる。

      「後徳大寺の大臣 (おとど) の寝殿に、鳶させじとて」〈徒然・一〇〉

    4. ㋓雲や霞などがかかり、じっととどまる。

      「筑波嶺 (つくばね) の嶺ろに霞過ぎかてに息づく君を率 (ゐ) 寝て遣らさね」〈・三三八八〉

    5. ㋔船が浅瀬につかえて動かないでいる。

      「みさごゐる渚 (す) にゐる舟の漕ぎ出なばうら恋しけむ後 (のち) は相寝 (あひぬ) とも」〈・三二〇三〉

  1. 草や氷などが生じる。できる。

    1. 「池などある所も水草 (みくさ) 」〈・一七八〉

    2. 「つららて守る岩間の関なればよをへてかたくなりまさるかな」〈堀河百首
  1. ある地位につく。

    1. 「春宮 (とうぐう) には若宮給ひにけり」〈宇津保・国譲下〉

  1. (「腹ゐる」の形で)怒りが治まる。「腹立つ」に対する語。

    1. 「妻 (め) の腹にければ、重方がいはく」〈今昔・二八・一〉

  1. (補助動詞)動詞連用形に接続助詞「」が付いた形に付く。

    1. ㋐動作・状態が続いて、現在に至ることを表す。「猫が鳴いている」「花が咲いている

    2. ㋑動作・作用の結果が、続いて現在もあることを表す。「枝が枯れている」「窓があいている

    3. ㋒現在の状態を表す。「彼の気持ちはもう変わっている