出典:デジタル大辞泉(小学館)

さしあたっての入り用だけを現金で買うこと。

「たばね木の―やがて立ち消ゆる煙なるべし」〈浮・一代男・三〉