どうさん‐ていとう〔‐テイタウ〕【動産抵当】 の意味

  1. 動産債務者の手元に残したまま担保に供すること。現行法上、脱穀機などの農業用動産や自動車・航空機・建設機械について認めている。