出典:デジタル大辞泉(小学館)

二十四節気の一。太陽の黄経 (こうけい) が270度に達する日をいい、太陽暦で12月22日ごろ。太陽の中心が冬至点を通過する。北半球では一年中で昼がいちばん短く、夜がいちばん長くなる日。この日にはゆず湯に入ったり、地方によってはカボチャを食べたりする風習がある。 冬》「山国の虚空日わたる―かな/蛇笏」⇔夏至 (げし) 

出典:青空文庫

出典:gooニュース