どうしょう〔ダウシヤウ〕【道生】例文一覧 1件

  1. ・・・木庵の書、苑道生の十八羅漢の像などを蔵しているらしいが時間がおそくそれ等は見ず。 片側には仏具を商う店舗、右は寺々の高い石垣、その石垣を覆うて一面こまかい蔦が密生している。狭い特色ある裏町をずっと興福寺の方へ行って見た。もう夕頃で、どの・・・<宮本百合子「長崎の印象」青空文庫>