どう‐じょう〔‐ジヤウ〕【同情】 の意味

  1. [名](スル)他人の身の上になって、その感情をともにすること。特に他人の不幸や苦悩を、自分のことのように思いやっていたわること。「同情を寄せる」「同情を引く」「被害者に同情する」
  • 名詞
  • どう‐じょう〔‐ジヤウ〕【同情】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・こっちの善い所は勿論了解してくれるし、よしんば悪い所を出しても同情してくれそうな心もちがする。

      芥川竜之介「兄貴のような心持」

    • ・・・第四階級は他階級からの憐憫、同情、好意を返却し始めた。

      有島武郎「宣言一つ」

    • ・・・ それで魚に同情を寄せるのである。

      著:アルテンベルクペーター 訳:森鴎外「釣」