出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏語。

  1. 生死の迷いを去って、いっさいの真理を正しく平等に悟ること。仏の悟り。三藐三菩提 (さんみゃくさんぼだい) 。正等正覚。正等覚。

  1. 仏の悟りを得た者の尊称。三藐三仏陀。正等覚者。

  1. 真宗で、真実信心を得た位を往生が決定した正宗聚の位といい、その境地。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉