出典:デジタル大辞泉(小学館)

徳川家康を祭る神社。初めは東照社と称された。家康は初め久能山に葬られたが、日光に社殿が営まれ東照大権現として奉斎。正保2年(1645)宮号を授けられると、全国の社も東照宮と改称した。
栃木県日光市にある神社。祭神は徳川家康を主神とし、源頼朝豊臣秀吉を配祀 (はいし) 。元和3年(1617)に駿河の久能山より家康の霊を遷して祭ったのに始まる。本殿・拝殿・唐門・陽明門などは国宝。平成11年(1999)「日光の社寺」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:青空文庫