出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)《「どうじん」とも》
  1. 目的・志などを同じくすること。一つ心になること。

    1. 「それが我々―の道かと思われます」〈滝井無限抱擁

  1. ともに事にあたること。協力すること。また、味方すること。

    1. 「義景公をはじめだれも―するものがござりませなんだ」〈谷崎・盲目物語〉

  1. 円などで、中心が同じであること。「同心円」

  1. 近世初期、武家に属した下級の兵卒。特に、徒歩の兵。

  1. 江戸幕府で、所司代・諸奉行などに属し、与力 (よりき) の下にあって庶務・警察事務を分掌した下級の役人。

出典:青空文庫