出典:デジタル大辞泉(小学館)

昭和初期、陸軍内で皇道派に対立した派閥。永田鉄山東条英機らが中心で、直接行動を唱える青年将校の運動を封じ、一元的統制の下での国家改造を目ざした。二・二六事件以後、軍部の指導権を握った。