とう‐そう〔タウ‐〕【逃走】例文一覧 8件

  1. ・・・ 昨夜までは、わが洋行も事業の名をかりて自ら欺く逃走なりき。かしこは墳墓なりき。今やしからず。今朝より君が来宅までわが近郊の散歩は濁水暫時地を潜りし時のごとし。こはわが荒き感情の漉されし時なり。再び噴出せし今は清き甘き泉となりぬ。われは・・・<国木田独歩「わかれ」青空文庫>
  2. ・・・相手が命がけで逃走している動物である。突差にねらいをきめて、うたなければならない。彼は、銃を掌の上にのせるとすぐ発射することになれていた――それで十分的中していた。 戦闘の時と同じような銃声がしたかと思うと、兎は一間ほどの高さに、空に弧・・・<黒島伝治「雪のシベリア」青空文庫>
  3. ・・・キャップの裏切。逃走。そのうえに、海野三千雄のにせ者の一件が大手をひろげて立っていた。女に告白できるくらいなら、それができるたちの男であったなら二十一歳、すでにこれほど傷だらけにならずにすんで居たにちがいない。やがて女は、帯をほどいて、この・・・<太宰治「虚構の春」青空文庫>
  4. ・・・そういう、鳥にとってはおそらく生れて以来かつて経験した事のない異常な官能行使の要求に応じるに忙しくて、身に迫る危険を自覚し、そうして逃走の第一歩を踏出すだけの余裕もきっかけもないのであろう。ともかくも運命の環は急加速度で縮まって行って、いよ・・・<寺田寅彦「鴫突き」青空文庫>
  5. ・・・ こういうふうに考えて来ると世事の交渉を回避する学者や、義理の拘束から逃走する芸術家を営巣繁殖期に入った鳥の類だと思って、いくぶんの寛恕をもってこれに臨むということもできるかもしれない。       九 東京市電気局の争・・・<寺田寅彦「破片」青空文庫>
  6. ・・・そこでかれは、戒律を破って豆畑に進入するよりは殺された方がましだといって逃走をあきらめた。そこへ追付いた敵が彼の咽喉を切開したというのである。 一方ではまた捕虜になって餓死したとか、世の中が厭になって断食して死んだとか色々の説があるから・・・<寺田寅彦「ピタゴラスと豆」青空文庫>
  7. ・・・小説雁の一篇は一大学生が薄暮不忍池に浮んでいる雁に石を投じて之を殺し、夜になるのを待ち池に入って雁を捕えて逃走する事件と、主人公の親友が学業の卒るを待たずして独逸に遊学する談話とを以て局を結んでいる。今日不忍池の周囲は肩摩轂撃の地となったの・・・<永井荷風「上野」青空文庫>
  8. ・・・新七は逃走した。そこで太郎兵衛が入牢してとうとう死罪に行なわれることになったのである。        ―――――――――――――――― 平野町のおばあ様が来て、恐ろしい話をするのを姉娘のいちが立ち聞きをした晩の事である。桂屋の女房は・・・<森鴎外「最後の一句」青空文庫>