出典:デジタル大辞泉(小学館)

頭に灯台をのせた鬼。遣唐使として唐に渡った軽 (かる) の大臣が、皇帝によって額に灯台を打ちつけられ、鬼の姿に変えられたというもの。源平盛衰記に見える。
南条範夫の短編歴史小説。の説話をモチーフとする。昭和31年(1956)5月、雑誌「オール読物」に発表。同年、第35回直木賞受賞。同作を表題作とする作品集も、同年に刊行され、ほかに「畏れ多くも将軍家」「不運功名譚」などの作品を収録。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉