出典:デジタル大辞泉(小学館)

弥生時代青銅器の一。扁円 (へんえん) 形の釣鐘形をしたベルで、高さ20~150センチ、上部に半円形のつまみと両側に鰭 (ひれ) をもつ。中に吊り下げた棒(舌 (ぜつ) )と触れ合って実際に鳴るベルから、装飾過多の見るベルに変質。表面に原始絵画や文様を施す。近畿を中心に四国・中国・中部地方にかけて出土。農耕祭器であったと考えられている。