どうちゅう‐ばおり〔ダウチユウ‐〕【道中羽織】 の意味

  1. 江戸時代、武士が旅をするときに着用した羽織。