出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. (あとに打消しの語を伴って)どうやってみても。どうしても。「到底相手にならない」「到底できない」

  1. つまるところ。つまり。

    1. 「―人間として、生存する為には」〈漱石それから

出典:青空文庫

出典:gooニュース