出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 音頭を取る人。転じて、集団のかしら。頭領。

  1. 銀行などの首席の取締役。その代表者として業務執行に当たる。

  1. 雅楽で、合奏の際の各楽器の首席演奏者。特に、管楽器でいう。音頭 (おんどう) 。

  1. 歌舞伎で、「翁 (おきな) 」「三番叟 (さんばそう) 」を上演するとき、小鼓方三人のうち、中央に座る主奏者。

  1. 歌舞伎劇場で、楽屋のいっさいの取り締まりをする役。また、その人。古参役者から選ばれ、楽屋入り口の頭取座に詰めた。今は庶務係化している。楽屋頭取。

  1. 相撲で、力士をまとめ、取り締まる人。

出典:青空文庫

[社会/経済]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉