出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「襖」の字音「あう」の音変化》

  1. 両方の脇 (わき) をあけたままで、縫い合わせず、襴 (らん) のない古代の上着。位階相当の色によるものを位襖 (いあお) といい、武官の礼服や朝服に用いた。わきあけのころも。闕腋 (けってき) の袍 (ほう) 。

  1. 《「狩襖 (かりあお) 」の略》狩衣 (かりぎぬ) 。

  1. 袷 (あわせ) の衣。綿を入れたものもある。襖子 (あおし) 。