出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「どうふく」とも》

  1. 道士の着る服。道衣。

  1. 公卿大納言以上の人が家庭で内々に着た上衣。袖が広く腰から下にひだがあり、着物の上に羽織る。のち、道中着となり、さらに変化して今の羽織となった。

  1. 袈裟 (けさ) のこと。真宗で、直綴 (じきとつ) のこと。

出典:青空文庫

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉