出典:デジタル大辞泉(小学館)

Dubrovačka katedrala》クロアチア最南部、アドリア海に面した都市ドゥブロブニクの旧市街にある大聖堂。12世紀末、ロマネスク様式で建造。17世紀の大地震で崩壊し、その後、イタリアの建築家によりバロック様式で再建された。ティツィアーノが描いた祭壇画「聖母被昇天」があることで知られる。大聖堂がある旧市街は、1979年に世界遺産(文化遺産)に登録された。正式名称は聖母被昇天大聖堂。

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教]カテゴリの言葉