出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 仲間。友人。特に、志を同じくしてともに仏道を修める仲間。

  1. 室町・江戸時代、将軍・大名に近侍して雑務や諸芸能をつかさどった僧体の者。室町時代には一般に阿弥 (あみ) 号を称し、一芸に秀でた者が多かった。江戸時代には幕府の役職の一つとなり、若年寄の支配下に大名の案内・着替えなどの雑事をつとめた。同朋衆。童坊。

出典:青空文庫