出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
    1. ㋐光の波長の違い(色相)によって目の受ける種々の感じ。原色のほか、それらの中間色があり、また、明るさ(明度)や鮮やかさ(彩度)によっても異なって感じる。色彩。「色が薄い」「暗い色」「落ち着いた色」

    2. ㋑染料。絵の具。「色を塗る」「色がさめる」

    3. ㋒印刷・写真で、白・黒以外の色彩。「色刷り」

  1. 人の肌の色。人の顔の色つや。「抜けるように色の白い人」

    1. ㋐表情としての顔色。「驚きの色が見える」「不満が色に出る」

    2. ㋑目つき。目の光。「目の色を変えて怒りだす」

    1. ㋐それらしい態度・そぶり。「反省の色が見られない」

    2. ㋑それらしく感じられる趣・気配。「秋の色の感じられる昨今」「敗北の色が濃い」

    3. ㋒愛想。「色よい返事」

  1. (「種」とも書く)種類。「色とりどり」「三 (み) 色選び出す」

  1. 華やかさ。華美。「大会に色をそえる」

  1. 音・声などの響き。調子。「琴の音 (ね) の色」「声 (こわ) 色」

    1. ㋐情事。色事。「色を好む」「色に溺れる」

    2. ㋑女性の美しい容貌。「色に迷う」

    3. ㋒情人。恋人。いい人。「色をつくる」

  1. 古代・中世、位階によって定められた衣服の色。特に、禁色 (きんじき) 

    1. 「昔、公おぼして使う給ふ女の、―許されたるありけり」〈伊勢・六五〉

  1. 10 喪服のねずみ色。にび色。

    1. 「女房なども、かの御形見の―変へぬもあり」〈・幻〉

  1. 11 婚礼や葬式のとき上に着る白衣。

    1. 「葬礼に―を着て供して見せ」〈浄・博多小女郎

  1. 12 人情。情愛。

    1. 「東人 (あづまうど) は…げには心の―なく、情おくれ」〈徒然・一四一〉

[形動ナリ]
  1. 女性の髪などがつややかで美しいさま。

    1. 「髪、―に、こまごまとうるはしう」〈・二〇〇〉

  1. 好色なさま。

    1. 「この宮の、いとさわがしきまで―におはしますなれば」〈・浮舟〉