どう‐もり〔ダウ‐〕【堂守】例文一覧 3件

  1. ・・・ 小一に仮装したのは、この山の麓に、井菊屋の畠の畑つくりの老僕と日頃懇意な、一人棲の堂守であった。大正十四年三月<泉鏡花「怨霊借用」青空文庫>
  2. ・・・八 浅草生活――大眼鏡から淡島堂の堂守 椿岳の浅草生活は維新後から明治十二、三年頃までであった。この時代が椿岳の最も奇を吐いた盛りであった。 伊藤八兵衛と手を分ったのは維新早々であったが、その頃は伊藤もまだ盛んであったか・・・<内田魯庵「淡島椿岳」青空文庫>
  3.  脚本作者ピエエル・オオビュルナンの給仕クレマンが、主人の書斎の戸を大切そうに開いた。ちょうど堂守が寺院の扉を開くような工合である。そして郵便物を載せた銀盤を卓の一番端の処へ、注意してそっと置いた。この銀盤は偶然だが、実際あ・・・<著:プレヴォーマルセル 訳:森鴎外「田舎」青空文庫>