出典:デジタル大辞泉(小学館)

天皇が父母の喪に服するときにこもる仮屋。

「―の御所のさまなど、板敷 (いたじき) をさげ、葦の御簾をかけて」〈徒然・二八〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉