とう‐るい〔タウ‐〕【糖類】例文一覧 1件

  1. ・・・パンと塩と水とをたべている修道院の聖者たちにはパンの中の糊精や蛋白質酵素単糖類脂肪などみな微妙な味覚となって感ぜられるのであります。もしパンがライ麦のならばライ麦のいい所を感じて喜びます。これらは感官が静寂になっているからです。水を呑んでも・・・<宮沢賢治「ビジテリアン大祭」青空文庫>