出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ハ四]
  1. 美しいいろどりをしている。映える。

    1. 「いかばかり思ひおくとも見えざりし露に―・へる撫子 (なでしこ) の花」〈和泉式部集・下〉

  1. 色が美しく交じる。

    1. 「かざしの花の色々は秋の草に異なるけぢめ分かれで、何事にも目のみ紛ひ―・ふ」〈・若菜下〉

[動ハ下二]
  1. 美しくいろどる。

    1. 「大領 (おほくび) 端袖 (はたそで) ―・へたる直垂 (ひたたれ) に」〈平家・一一〉

  1. 金や宝石などをちりばめて飾る。

    1. 「くさぐさのうるはしき瑠璃を―・へて作れり」〈竹取

  1. 文章などを飾る。潤色する。

    1. 「詞を―・へて云ふ程に綺語と云ふぞ」〈四河入海・一九〉