出典:デジタル大辞泉(小学館)

とかく人は、遠くにあるものを高く評価し、近くにあるものを低く評価するものであるというたとえ。