出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 遠くの的を矢で射通すこと。また、その矢。

  1. 平安末期、京都の三十三間堂で始められた弓術。三十三間堂裏側広縁の南端から北端までの66間(約120メートル)を射通すもの。室町末期から盛んになり、江戸時代に記録更新の矢数 (やかず) 競技となった。堂射。 夏》大矢数 (おおやかず)