出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代の検見の一。検見に多くの日数や費用がかかるような場合に、一部の検見や内見 (ないみ) などにもとづいて年貢の額を決めること。とおけみ。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉