• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

と‐がき【ト書(き)】 の意味

  1. 脚本で、登場人物の出入り・動き、場面の状況や照明・音楽・効果などの指定をせりふの間に書き入れたもの。歌舞伎脚本で、「ト思入れあって…」などと「ト」を用いたところからいう。