出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副](スル)
  1. さまざまな物事を漠然とさす。何や彼 (か) や。いろいろ。「とかくするうちに一年が過ぎた」

  1. ある状態になりやすいさま。または、ある傾向が強いさま。ともすれば。ややもすると。「年をとるととかく忘れっぽくなって困る」

    1. 「涙は―に止まなかった」〈小杉天外・はやり唄〉

  1. 何はさておき。何にせよ。「とかくこの世は住みにくい」

  1. (「とかくの」の形で)あれこれよくないさま。「彼にはとかくの噂 (うわさ) がつきまとう」

[名]種々さまざまな事柄。
    1. 「先師暫く吟じて、―をのたまはず」〈去来抄・先師評〉

[補説]「兎角」「左右」とも当てて書く。