出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 過去から現在、現在から未来へと、一方的また連続的に流れていくと考えられているもの。物事の変化・運動によって認識される。時間。「時が流れる」「時がたつ」「時を刻む」

  1. 時法によって示される、1日のうちの特定の時点や時間帯。また、その時法に基づく単位時間。時刻。刻限。日本では明治6年(1873)以来、平均太陽時によって一昼夜を24等分し、太陽が子午線を通過する時刻の12時間前を零時とする時法が行われている。また一般に、24時を午前・午後の12時ずつに分けて、零時を午前零時、12時を午後零時とよぶ慣習もある。昔の時法には、1日を等分する定時法と、昼夜を別個に等分する不定時法とがあり、単位時間の長さは、不定時法では季節や場所によって異なった。定時法は古代律令時代には既にあり、漏刻(水時計)を用いて1日を12等分し、各時刻に十二支を配して、鼓や鐘を鳴らして時を告げた。真夜中の子 (ね) の刻に9回、丑 (うし) の刻に8回というぐあいに一時 (いっとき) ごとに一打減らすもので、そのため、昼夜の各時刻を九つ…四つとも表した。近世になると、昼夜をそれぞれ6等分する不定時法が広く行われた。時刻の表し方は古代と同様であるが、各時刻はさらに2等分されて半とよばれたり、3等分されて上・中・下とよばれたりした。

  1. 時間の流れの一点。時刻。また、時刻を知らせること。「時の鐘」「時をつくる」

  1. ある時期。

    1. ㋐関心がおかれている時代や年代。ころ。「時は幕末、所は江戸」「時の首相」

    2. ㋑季節。時候。「紅葉の時」「時の物でもてなす」「時なし大根」

  1. 時勢。世の成り行き。「時に身をまかせる」「時に従う」

  1. 何らかの状況を伴った、時間のひとくぎり。

    1. ㋐さまざまな状況を念頭に置いた、不特定の時期。場合。「時に応じた方策」「あいさつのしかたも時と場所による」

    2. ㋑状況が明示できない、漠然とした時期。「時には失敗もある」「時として、そんなことも起こる」

    1. ㋐ちょうどよい機会。好機。「しかるべき時を待つ」「逆転の時をうかがう」

    2. ㋑(「秋」とも書く)重要な時期。「危急存亡の時」

  1. わずかな間。一時。また、当座。臨時。「時借り」「時貸し」

  1. 定められた期日。期限。「時を切って金を貸す」「返済の時が迫る」

  1. 10 (行為や状態を表す連体修飾を受けて)

    1. ㋐ある状態になっている時点や時期。「家に着いた時、母はいなかった」「幼稚園の時は、やんちゃ坊主だった」

    2. ㋑ある状況を仮定的に表す。おり。場合。「地震の時はどうしよう」

  1. 11 (「どき」の形で接尾語的に用いて)まさにその時期。また、それにふさわしい時期。「食事時で店が混む」「今時の若者」

  1. 12時制 (じせい) 」に同じ。

  1. 13 陰陽道 (おんようどう) で、事を行うのに適した日時。暦の吉日。

    1. 「暦の博士召して、―問はせなどし給ふほどに」〈・葵〉

  1. 14 天台真言などの密教で行う、定時の勤行 (ごんぎょう) 。時の修法。

    1. 「その夜行幸にて侍りしかば、暁の御―ひきあげて」〈弁内侍日記

[補説] 
2018年5月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2018」キャンペーンでの「時」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆生きているうちは誰も降りることができない一方通行のベルトコンベア。
ほしほしさん

◆集中している時や夢中になっている時は、一瞬で過ぎるもの。
M&Gさん

◆気付いたらいつの間にかなくなっているもの。うまく使いこなせるかどうかで人生が大きく左右される。
とまとさん

◆常に流動しており、途中で大事な物を見つけても取り返しが付かない。流れに従うよりも流れを遡ろうとする人の方が多い。
ぼくちんさん

◆「今」を過去にするもの。
siotsukaさん

◆世界が滅びても、なくならないもの。
うめさん

◆決して失敗することのない殺し屋。
かずばんびさん