出典:デジタル大辞泉(小学館)

《陳鴻「長恨歌伝」から》歳月とともにさまざまなものが変化してゆく。

「さるほどに―・って、世の変はりゆく有様は」〈平家・二〉