出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. その時にさしあたる。その時にのぞむ。

    1. 「近衛院に位を奪はれたりしかば…―・って恥辱を抱く」〈保元・上〉

  1. ふさわしい時期になる。

    1. 「その上今の相国は、―・る職に達し、世に聞こえたる才幹なり」〈太平記・二七〉