出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]あを・し[ク]
  1. (「碧い」とも書く)青色をしている。広く緑系統の色にもいう。「―・い空」「―・いリンゴ」

  1. (「蒼い」とも書く)顔に血の気がない。赤みが足りない。「顔が―・い」

  1. 《果実などの未熟なものが青いところから》人格・技能や振る舞いなどが未熟である。「考えが―・いよ」

[派生]あおさ[名]あおみ[名]

出典:gooニュース

出典:青空文庫