出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 星の色を数量的に示す尺度。写真等級から実視等級を引いた差で表す。赤い星ほど大きい値となる。

  1. 火成岩分類の基準の一。岩石中に含まれる有色鉱物の割合を百分率で表す。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉