出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]
  1. 結んだりしばったりしてあるものをゆるめて分け離す。ほどく。「帯を―・く」「包みを―・く」

  1. 縫い合わせてあるものの糸を抜き取って離す。また、編んであるものをほどく。「着物を―・く」「セーターを―・く」

    1. ㋐もつれたものをもとに戻す。ほぐす。「からまった釣り糸を―・く」

    2. ㋑(「梳く」とも書く)もつれた髪に櫛 (くし) を入れて整える。とかす。すく。「乱れた髪を―・く」

  1. 着ていたもの、身に取り付けたものをはずす。「旅装を―・く」

  1. 命令・束縛・制約などから解放する。「鎖を―・く」「統制を―・く」「契約を―・く」

  1. 任務・職をやめさせる。免じる。「任を―・く」

  1. 拘束していた態勢を崩してもとの状態に戻す。「警備を―・く」「武装を―・く」

  1. 心のわだかまりや緊張状態をほぐす。ふさがっていた気持ちをすっきりさせる。「怒りを―・く」「疑いを―・く」「誤解を―・く」

  1. 筋道をたどって解答を出す。「問題を―・く」「なぞを―・く」

[可能]とける
[動カ下二]と(解)ける」の文語形。
[用法]とく・[用法]ほどく――「帯を解く(ほどく)」「もつれた糸を解く(ほどく)」「着物を解く(ほどく)」など、ばらばらにする意では相通じて用いられるが、「ほどく」の方が口語的である。◇「問題を解く」「謎を解く」「誤解を解く」「禁止を解く」「武装を解く」「警戒を解く」「緊張を解く」など、結び目、縫い目をばらばらにする意以外の場合は「解く」だけを用いる。◇類似の語に「ほぐす」がある。解けた状態、ほどけた状態にする意で、「からんだ糸をほぐす」のほか、「緊張をほぐす」「肩の凝 (こ) りをほぐす」などと用いる。