出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安初期の法相 (ほっそう) 宗の僧。徳溢・得一とも書いた。藤原仲麻呂の子といわれる。東大寺に住んだのち東国に移り、筑波山に中禅寺、会津に慧日寺を開いて布教。法華一乗を唱える最澄と再三にわたって論争した。著「中辺義鏡」。生没年未詳。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉