出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 一人で詩歌・歌謡を口ずさむこと。

  1. 連歌連句を一人で詠むこと。また、その作品。片吟。→三吟両吟

  1. 謡曲の特定の聞かせどころを、囃子 (はやし) を伴わずに一人で謡うこと。また、の中で一人で謡うこと。⇔連吟

  1. 歌舞伎下座音楽で、下座唄を一人でうたうこと。主に「めりやす」を立唄 (たてうた) の人がうたうこと。⇔両吟

出典:青空文庫

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉